How to オリコミ販促カレンダー折込広告資料のダウンロード折込料金表

HOME > How to オリコミ > 配布エリアの設定

How to オリコミ

配布篇
配布エリアの設定

配布するエリアを決めよう!

折込広告の配布エリアは、自店の商圏と同じと考えます。
商圏は、サイズからカタチそしてアプローチのステップで決めていきます。

1.取扱商品の調査には、ポジショニングマップを使おう!

まずは自店に合った規模と、顧客の購買動向から最適な範囲を決めましょう。

規模
自店で提供できる商品の量やサービスの質、また、
店や商品のブランド力によっても集客できる商圏が決まります。
購買動向
自店のある地域の消費者の購買特性によっても商圏が決まります。
業態 商圏距離  
食品スーパー 1km~2km ワンポイントアドバイス
コンビニ 500m以内 ワンポイントアドバイス
GMS 3km~5km ワンポイントアドバイス
大型GMS 10km~20km ワンポイントアドバイス
ディスカウントセンター 10km ワンポイントアドバイス
百貨店 80km以内 ワンポイントアドバイス
中型ホームセンター 3km~5km ワンポイントアドバイス
郊外型紳士服店 3km~5km ワンポイントアドバイス

2.カタチを決める

配布するエリアの形状は、様々な要因で変わってきます。地図情報をきちんと把握しましょう。

● 単純な円形にはならない

商圏を決める時、自店を中心に半径○mと円を描いてしまいがちです。
しかし国道などの幹線道路や線路、河川の影響により商圏の形状は変わります。

● 食品スーパーの場合

自店の近くに競合店が分布している場合の影響も商圏に反映させます。

3.アプローチ方法を決める

限定された商圏へのアプローチ方法で集客力を上げるために行なうことは2つあります。

  • 配布回数を増やす
  • 選択する新聞媒体を増やし、配布部数を高める

一般的な対策として、1次商圏は、選択する新聞媒体を増やし、告知シェアを高めることで
集客率が向上します。

また2次商圏以遠は、新聞媒体を限定し、配布回数を増やすことによって、店舗の認知度が増していきます。

定期的に顧客の分布を把握し、集客に結びつく配布エリアを決めましょう!
サンケイアイのマッピングシステム「ASIS」を使ってカンタンに配布地域を
決めよう!

このページのTOPへ