中型ホームセンター

半径5~10km圏の広域商圏であり、扱い品目も日用品から買回品までと幅が広いため、配布パターンも変化に富んでいます。
一般的には、

(1)チラシのサイズ・売り出し商品により配布エリアに大小の変化をつける。
(2)エリアを縮小せず媒体紙を限定し、部数調整をする。

この2つが主なパターン設定の理由です。また、基本的にはシェアの高い一般紙(産経、朝日、毎日、読売等)を中心に使用し、その中で選択するケースが多いです。

<例>2万部~3万部程度を配布